最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

Rによる計量政治学

  • 5 読みたい
  • 55 現在読んでいるもの

発行元 下山輝昌 .

    Download Rによる計量政治学 本 Epub や Pdf 無料, Rによる計量政治学, オンラインで書籍をダウンロードする Rによる計量政治学 無料で, 本の無料読書 Rによる計量政治学オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 Rによる計量政治学 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  浅野正彦, 矢内勇生
    • シリーズ名:  Rによる計量政治学
    • 発売日:  2019年01月11日
    • 出版社:  オーム社
    • 商品番号:  4915784690001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。


    政治現象をRで統計分析する!!

     本書はR を使った計量政治学の入門書です。計量政治学とは政治現象の数量データ分析を行うことで、例えば選挙における投票率を調べ、政治的要因によって予算がどれだけ歪曲されたかを推定するなど、政治における仮説を統計学的に検証することです。

     主な特徴は、(1)各章ごとに練習問題を設けているので、基本的に読者が独学独習できるように設計されている、(2)計量政治学に関する論文を仕上げるのに必要な内容を15 回の授業で網羅しているので、計量政治学を授業やゼミで教えたいと考えている教員にとっても使いやすいよう工夫している、などです。


    第I部 リサーチデザイン

    第1章 計量政治学とは

    第2章 研究テーマの選び方

    第3章 理論と仮説

    第II部 Rを使った計量分析の方法

    第4章 R の使い方

    第5章 R によるデータ操作

    第6章 記述統計とデータの可視化・視覚化

    第7章 統計的推定

    第8章 統計的仮説検定

    第9章 変数間の関連性

    第10章 回帰分析の基礎

    第11章 回帰分析による統計的推定

    第12章 回帰分析の前提と妥当性の診断

    第13章 回帰分析の応用

    第14章 交差項の使い方

    第15章 ロジスティック回帰分析

あなたも好きかもしれません

Rによる計量政治学 by 下山輝昌 ダウンロード PDF EPUB F2