最後に編集されたのは 管理者
15.01.2021 | 歴史

鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン)

  • 6 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 淡路水 .

    Download 鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン) 本 Epub や Pdf 無料, 鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン), オンラインで書籍をダウンロードする 鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン) 無料で, 本の無料読書 鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  夏乃 穂足, 嵩梨 ナオト
    • レーベル:  フルール文庫 ブルーライン
    • シリーズ名:  鬼の涙が花だとしたら
    • 発売日:  2014年11月14日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4334618000300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    鬼が吼えると災厄が起こるーー古来より鬼と、それに魅入られる人間の伝説がある地、希望谷でトンネル崩落事故に巻き込まれた古林千鳥。千鳥を助けたのは鋼のような体躯と赤い髪を持つ隻眼の男・森羅だった。だが彼は、幼い頃に千鳥の父親を殺した鬼・シンの面影を色濃く残している。手厚い看病と労りの中、森羅の不器用な優しさに惹かれる気持ちと、彼の正体への疑念が膨らんでいき……人間と鬼、種族を超えて育む一途な愛。

あなたも好きかもしれません

鬼の涙が花だとしたら (フルール文庫 ブルーライン) by 淡路水 ダウンロード PDF EPUB F2

主人公に対して隠されていた鬼の想いが明かされていくたび、涙が零れてしまいました。
純愛という言葉では足らないくらいの崇高さが感じられ、心を打ちます。