最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

会社のやってはいけない!

  • 45 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 西村克己 .

    Download 会社のやってはいけない! 本 Epub や Pdf 無料, 会社のやってはいけない!, オンラインで書籍をダウンロードする 会社のやってはいけない! 無料で, 本の無料読書 会社のやってはいけない!オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 会社のやってはいけない! 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  内海正人
    • 発売日:  2018年04月13日
    • 出版社:  クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
    • 商品番号:  4694295401830
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「社員から突然訴えられてしまった! 」

    「高額な未払い残業代を請求された! 」

    「社内でパワハラが起きてしまった! 」

    そんなときの対策、あなたの会社はできていますか?

    人事の失敗で会社を潰さないために、豊富な失敗例から学べる人災対策マニュアル!


    働き方改革や労働基準法の改正によって、未だかつてないほど労使関係の問題が注目されている昨今。

    「労基なんて知らない! 」「これが我が社のルールだ! 」なんて俺様ルールはもはや通用しない時代になりました。

    会社の成功の事例は千差万別である一方、失敗の理由はどれも似たようなものばかりです。

    あなたの会社は法律を守っていますか? 自分の会社の就業規則をちゃんと知っていますか? 感情任せで社員を処分していませんか?

    労使裁判で会社が敗訴すれば、数百万の未払い給与を払うことになります。

    付加金を含めれば、支払い金額がときに1000万円を超えてしまうこともあるのです。


    法律で万全に理論武装した社員に対して、労基も知らないまま素手で戦っていては勝てる裁判も勝てません。

    逆に、正しい労務管理の方法を知り、日頃のちょっとした一手間で、敗訴を免れた事例も数多くあるのです。

    経営者だけでなく、人事担当、管理職、そして部下を持つ全ての社員一人一人にいたるまで、法律を正しく理解する必要があります。

    特定社労士の資格を持ち、企業vs社員の間に起きる多種多様な労使紛争を解決してきた経歴を持つ著者が、

    豊富な裁判例と解説をもとに、やってはいけない失敗例とその解決方法をケース別にわかりやすくご紹介していきます。

あなたも好きかもしれません

会社のやってはいけない! by 西村克己 ダウンロード PDF EPUB F2