最後に編集されたのは 管理者
07.12.2020 | 歴史

仏法と科学からみた感染症

  • 75 読みたい
  • 68 現在読んでいるもの

発行元 創価学会教学部 .

    Download 仏法と科学からみた感染症 本 Epub や Pdf 無料, 仏法と科学からみた感染症, オンラインで書籍をダウンロードする 仏法と科学からみた感染症 無料で, 本の無料読書 仏法と科学からみた感染症オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 仏法と科学からみた感染症 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鈴木潤
    • 発売日:  2020年07月04日
    • 出版社:  潮出版社
    • 商品番号:  5591230586020
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2020年、人類は新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)に襲われた。

    この自然からの「挑戦」に対して、人類はどう「応戦」すればいいのか!?


    (中略)これらの五眼をもって21世紀に起こった未曾有の感染症を見ていくとどうなるのか。さらには、アインシュタインの「宗教なき科学は不具であり、科学なき宗教は盲目である」との名言があるとおり、仏法と科学の知識をもって、感染症の根本的解決を探りたい。それが本書執筆の願意です>(「はじめに」より)


    感染症の権威でもある著者は、科学的な知見からの感染症の「予防法」や「免疫力」をわかりやすく解説するとともに、

    「自分だけ」から「皆のため」にという仏教に内在する「利他」「共助」の哲学こそがコロナ禍を生き抜くために、いまこそ必要ではないかと語っている。

    その哲学を実践するための方途とは何かーーその答えを本書で明らかにする。

あなたも好きかもしれません

仏法と科学からみた感染症 by 創価学会教学部 ダウンロード PDF EPUB F2