最後に編集されたのは 管理者
25.01.2021 | 歴史

織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫)

  • 49 読みたい
  • 46 現在読んでいるもの

発行元 上田秀人 .

    Download 織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫) 無料で, 本の無料読書 織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  上田秀人
    • レーベル:  徳間文庫
    • シリーズ名:  織江緋之介見参
    • 発売日:  2015年09月04日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4913285470002
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    名門譜代大名の堀田正信が幕府に上申書を提出した。内容は痛烈な幕政批判。よしみを結ぶ徳川光圀は絶句する。正信と対立する老中筆頭松平信綱の胸中はいかに。将軍家綱の知るところとなれば厳罰は必定だ。幕閣に走る激震を危惧した光圀は織江緋之介に助力を頼む。将軍家剣術指南役・小野忠常の息子にして、義と勇を持つ若侍。巧妙に張り巡らされた信綱の謀略を前に伝家の胴太貫(どうたぬき)が閃く!

あなたも好きかもしれません

織江緋之介見参 二 不忘(わすれじ)の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫) by 上田秀人 ダウンロード PDF EPUB F2