最後に編集されたのは 管理者
14.01.2021 | 歴史

なぜぼくが新国立競技場をつくるのか

  • 32 読みたい
  • 14 現在読んでいるもの

発行元 和田竜 .

    Download なぜぼくが新国立競技場をつくるのか 本 Epub や Pdf 無料, なぜぼくが新国立競技場をつくるのか, オンラインで書籍をダウンロードする なぜぼくが新国立競技場をつくるのか 無料で, 本の無料読書 なぜぼくが新国立競技場をつくるのかオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 なぜぼくが新国立競技場をつくるのか 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  隈 研吾
    • 発売日:  2016年05月26日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660009951520
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    たとえ批判されても、これからの時代のために、建築をつくる。新国立競技場を設計する建築家・隈研吾が、決意を語る。建設予算の高騰、景観破壊批判などにより、ザハ・ハディド案が白紙撤回となり、再コンペの結果、隈研吾が参加するプランが選ばれた。火中の栗を拾った隈研吾のもとには、新プランへの様々な意見が寄せられている。中には、日本の建築界を引っ張ってきた先輩建築家からの、思いもよらない批判もある。だが、それでも、図面を引く。批判を受け止め、先に進むために。コンクリートで作られた、スター建築家による“アート作品ではなく、人々が集い、愛される、「木のスタジアム」を作るために。日本を襲った震災、そして、社会のギスギスした空気。「建築」そのものに対する強い風当たり。あらゆるものを引き受ける意思はどこから来たのか。なぜ今、「木の建築」なのか。余すことなく語る。

あなたも好きかもしれません

なぜぼくが新国立競技場をつくるのか 建築家・隈研吾の覚悟 by 和田竜 ダウンロード PDF EPUB F2