最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集

  • 72 読みたい
  • 72 現在読んでいるもの

発行元 江崎道朗 .

    Download アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集 本 Epub や Pdf 無料, アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集, オンラインで書籍をダウンロードする アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集 無料で, 本の無料読書 アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  中西輝政
    • 発売日:  2020年09月04日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000010800
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    英米の覇権交代、共産主義のアジア進出、日本の敗北と復興。そして米中接近の時代へーー。イギリス、アメリカ、フランス、ロシア、ドイツ、そして日本。列強各国はいかなる思惑と戦略によって動き、歴史を動かしたのか。本書が対象期間とする1902年から1972年における大きな背景の一つは、イギリスの「アジアからの撤退」である。つまり「光栄ある孤立」を脱して日英同盟(1902年)を結び、日中米を操作しつつアジアでの帝国の維持に踏み切ったときから、それを最終的に諦めて撤退を決意し、ニクソン訪中(1972年)という次の数十年、アジアの国際秩序を規定することになる劇的な出来事とちょうど時を同じくした「アジアにおける大英帝国の消滅」までを一つの時代として見る試みである。かつてないほどアジアが変化した70年間の歴史潮流を学び、今後を予測して平和構築に生かすために。中西輝政氏と門下生による近代史・外交論の英知が編まれた一冊。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

アジアをめぐる大国興亡史 1902~1972 中西輝政古稀記念論集 by 江崎道朗 ダウンロード PDF EPUB F2