最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫)

  • 21 読みたい
  • 21 現在読んでいるもの

発行元 桜庭 一樹 .

    Download GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫) 本 Epub や Pdf 無料, GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫), オンラインで書籍をダウンロードする GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫) 無料で, 本の無料読書 GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) GOSICK(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  桜庭 一樹
    • レーベル:  角川ビーンズ文庫
    • シリーズ名:  GOSICK(ビーンズ文庫)
    • 発売日:  2013年06月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330010884000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【挿絵あり】〈“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する〉──謎の新聞広告を目にしたヴィクトリカは、その夜たった一人で学園を抜け出し、山奥の小さな村に降り立った。後を追ってきた久城一弥がその訳を問うと、母の無実を晴らすためだというが…? 秘密に満ちた“灰色狼”の村で、過去と現在に起きた二つの殺人事件の謎が混迷する、波乱の第2巻! 「久城、君が……君が私を守ってくれるのだろう?」「…当たり前だ!」

あなたも好きかもしれません

GOSICK II ─ゴシック・その罪は名もなき─(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫) by 桜庭 一樹 ダウンロード PDF EPUB F2