最後に編集されたのは 管理者
29.01.2021 | 歴史

イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~

  • 20 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 あらきっぺ .

    Download イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~ 本 Epub や Pdf 無料, イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~, オンラインで書籍をダウンロードする イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~ 無料で, 本の無料読書 イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  藤井聡太, 郷田真隆, 屋敷伸之, 木村一基, 糸谷哲郎, 高見泰地, 増田康宏
    • 発売日:  2020年10月23日
    • 出版社:  マイナビ出版(日本将棋連盟発行)
    • 商品番号:  5700000003187
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


    トッププロたちの将棋観がぶつかる! 藤井聡太も参戦!


    プロ棋士たちには、将棋がどのように見えているのか。

    さまざまなテーマをもとに、各棋士たちの将棋観をあらわにする将棋世界誌の人気コーナーを書籍化しました。

    トップ棋士たちの読みやイメージが、あるテーマではぶつかり、またあるテーマでは一致し……。

    アマチュアの目線とはまったく違うプロの感覚に圧倒される一冊です。


    ●著者

    ◆藤井聡太二冠

    2002年生まれ。2012年、6級で杉本八段門。2016年四段、2020年八段。

    史上最年少で四段となり、さらにデビューから無傷の29連勝を達成。

    2020年7月、史上最年少タイトルとなる棋聖位を獲得。同年8月、王位を獲得し史上最年少で八段昇段。


    ◆郷田真隆九段

    1971年生まれ。1982年、6級で大友八段門。1990年四段、2001年九段。

    1992年に王位を獲得。四段でのタイトル獲得は史上初であった。

    タイトル獲得は王位1、棋聖2、棋王1、王将2の計6期。


    ◆屋敷伸之九段

    1972年生まれ。1985年、6級で五十嵐九段門。1988年四段、2004年九段。

    1989年、第55期棋聖戦において17歳10カ月24日でタイトルに初挑戦。また1990年、第56期棋聖戦において18歳6カ月でタイトルを獲得。どちらも2020年に藤井聡太に破られるまで史上最年少記録であった。


    ◆木村一基九段

    1973年生まれ。1985年、6級で佐瀬名誉九段門。1997年四段、2017年九段。

    2019年、第60期王位戦で悲願の初タイトル獲得。初タイトル獲得が46歳3カ月というのは史上最年長記録となった。


    ◆糸谷哲郎八段

    1988年生まれ。1998年、6級で森(信)七段門。2006年四段、2014年八段。

    2014年、竜王位を獲得。2018年にA級昇級。早見え早指しの棋士として知られ、角換わりを中心に、独特の力強い将棋を指しこなす。


    ◆高見泰地七段

    1993年生まれ。2005年、6級で石田九段門。2011年四段、2018年七段。

    2018年、叡王戦7番勝負に勝ち、叡王を獲得。矢倉を得意とする正統派の居飛車党。


    ◆増田康宏六段

    1997年生まれ。2008年、6級で森下九段門。2014年四段、2018年六段。

    2016年、新人王戦で優勝。2017年も連覇し、棋戦優勝は2回。

あなたも好きかもしれません

イメージと読みの将棋観 ~スター棋士は盤上に何を思う~ by あらきっぺ ダウンロード PDF EPUB F2