最後に編集されたのは 管理者
20.12.2020 | 歴史

てだれもんら 1 (ビームコミックス)

  • 64 読みたい
  • 70 現在読んでいるもの

発行元 和山 やま .

    Download てだれもんら 1 (ビームコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, てだれもんら 1 (ビームコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする てだれもんら 1 (ビームコミックス) 無料で, 本の無料読書 てだれもんら 1 (ビームコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 てだれもんら 1 (ビームコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  中野 シズカ
    • レーベル:  ビームコミックス
    • シリーズ名:  てだれもんら
    • 発売日:  2019年09月12日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4338940900300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『メタモルフォーゼの縁側』の鶴谷香央理、大推薦。「お庭のむせ返るような緑に、お料理の繊細な香りに、主人公たちの瑞々しく切ない心持ちに、世界の怖ろしさ美しさ可愛らしさに、四方八方から静かに刺されて息絶えました」小料理割烹「薫風」で働く元ヤンの板前・星野トオル。“厄介”な庭の手入れを専門とする寡黙な庭師・鷹木明。週末には明の家で、ささやかな肴を作って晩酌を楽しむふたり。言葉にはしないけど漏れでちゃってるトオルの気持ち。明の本当の仕事には気づいていないけれど……。美味しい料理とモノノ怪退治? 指先で魅せる手練れ者たちの謎めく愛しき物語、ご堪能あれ。

あなたも好きかもしれません

てだれもんら 1 (ビームコミックス) by 和山 やま ダウンロード PDF EPUB F2

一見穏やかなようで、すれ違っているようでもある2人のささやかな日常と、その裏の不思議な非日常の話。安定感があって安心して読める。そしてご飯が美味しそうで困る。2巻が待ち遠しい。