最後に編集されたのは 管理者
26.11.2020 | 歴史

気象予報と防災―予報官の道 (中公新書)

  • 78 読みたい
  • 37 現在読んでいるもの

発行元 吉見俊哉 .

    Download 気象予報と防災―予報官の道 (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, 気象予報と防災―予報官の道 (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする 気象予報と防災―予報官の道 (中公新書) 無料で, 本の無料読書 気象予報と防災―予報官の道 (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 気象予報と防災―予報官の道 (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  永澤義嗣
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  気象予報と防災ー予報官の道
    • 発売日:  2019年07月12日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4916311830001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「数十年に一度」と言われる気象災害が日本のあちこちで起こっている。豪雨や大雪を観測・分析し、的確に警報を出すことで、被害を最小限に止めるーー気象庁予報官には、天気予報だけでなく、そうした使命も与えられている。「夜明け前が一番忙しい」「梅雨明け宣言をいつ出すのか」など日々の仕事から、「上空の寒気」「冬型の気圧配置」などの注意を要する用語の解説、さらに警報の運用まで、気象予報と予報官のすべてを紹介。

あなたも好きかもしれません

気象予報と防災ー予報官の道 (中公新書) by 吉見俊哉 ダウンロード PDF EPUB F2