最後に編集されたのは 管理者
30.11.2020 | 歴史

みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫)

  • 98 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 潜伏キリシタン研究会 .

    Download みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  星野博美
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2018年10月06日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000004674
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    海を渡った宣教師と、命を賭した信徒たち。

    殉教をめぐり400年の時を駆ける旅へ!


    16世紀後半、織田信長の時代にローマに送られた天正遣欧使節の4人の少年たちは、帰国後、秀吉による伴天連追放令。キリシタンが迫害される世に何を思い、どう生きたのか。


    また、日本で布教に携わって殉教した外国人の神父たちは、どんな思いで最期を迎えたのかーー。


    あらゆる資料・文献を丁寧に読み込み、自ら迫害にまつわる土地を旅して、当時のキリシタンの生き方に迫る。

    長崎、島原城、日野江城、原城跡、大村、鈴田牢……さらには、殉教した外国人神父たちの故郷であるスペインの小さな村の教会まで。


    果たして、日本人にとってキリシタンとは何だったのかーー。


    著者は4人の少年たちが8年にわたる訪欧の旅から戻った直後に、秀吉の前で奏でたリュートに強く興味をひかれ、東(日本)と西(ヨーロッパ)の狭間で翻弄された少年たちの気持ちに近づくために、自らリュートを習得した。


    400年前、その時代を切実に生き抜いたキリシタンの息吹を新たな視点で現代に伝える野心作。


    解説・若松英輔


    「時空と距離を超えて、人々の心が結びつく瞬間が、著者の情熱によって到来する」(三浦しをん)

あなたも好きかもしれません

みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記 (文春文庫) by 潜伏キリシタン研究会 ダウンロード PDF EPUB F2