最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術

  • 79 読みたい
  • 33 現在読んでいるもの

発行元 稲垣暢也 .

    Download たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術 本 Epub や Pdf 無料, たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術, オンラインで書籍をダウンロードする たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術 無料で, 本の無料読書 たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  久保山 誉
    • 発売日:  2016年02月03日
    • 出版社:  ごきげんビジネス出版
    • 商品番号:  5690000000155
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ここ数年、食事量や運動量はそれほど変わっていないのに、「なんかお腹周りに脂肪が付き始めているな~」とお感じではありませんか?


    昔は飲み会の翌日でも、お昼を過ぎれば前夜のお酒・疲れが吹き飛んでいたのに、最近は、夕方まで疲れが残っていることありませんか?


    テレビ、新聞、雑誌、インターネット……様々なメディアで、様々な健康・ダイエット情報が溢れかえっている現代、「この情報って本当なのだろうか?」「この雑誌の情報、昨日テレビで見たこととは真逆だけど……」そんな想いで、自身の健康をどう向上させていこうか迷っている方も多いはず。


    本書は、「著者自らの実体験」「5,000人以上の他者体験」「複数の健康系資格保有」の3つのフィルターにより、溢れかえっている健康情報を統合し最適化した食事術を10のルールでまとました。キーワードは「自然と照らし合わせて食を選択していく」「食べ物の引き算が健康の足し算」です。是非、本書を参考に「極上の健康」を手に入れていただれば幸いです。


    【目次】

    第一章:カロリーと栄養バランスは、無視すべし!

    第二章:極上の健康を手にいれるには「タイミング」を制する

    第三章:自然と照らし合わせて「食」を選択する

    第四章:モリモリ食べて、極上の健康を獲得

    第五章:「呼吸」と「咀嚼」を意識して、さらなる「極上」を手に入れる


    【購入者特典】

    「自宅やオフィスで簡単にできる! プチ不健康改善エクササイズ」(PDF)


    【こんな人にオススメ】

    運動は頑張っているけど、なかなか痩せない人

    健康について、いろいろ情報がありすぎて迷っている人

    自分に合うダイエット法が見つかっていない人

    一緒に働く仲間(社員)の健康力を高め、会社の売上・利益を上げていきたい経営者


    【著者プロフィール】

    著者:久保山 誉

    1976年 静岡県焼津市出身。福井県立大学 生物資源学部卒業。

    高校時代よりレスリングを始め、大学時代に総合格闘技に転向。総合格闘技「修斗」にて2001年~2003年の間は無敗、世界ランキング入りを果たす。

    その傍らフィットネスクラブで働き続け、個別運動指導4,000回以上、個別栄養指導500回以上を担当。

    チーフトレーナー・支配人を経験後、2015年に独立。経営者を中心とした出張パーソナルトレーニングと、企業の労働生産性向上のための栄養・運動サポート(健康コンサルタント)を行っている。

あなたも好きかもしれません

たった10個のルールで、疲れ知らずの「極上の健康」を手に入れる食事術 by 稲垣暢也 ダウンロード PDF EPUB F2

とても読みやすいです!ちょっと過激かなぁと思う文章もありますが、私は言っていることに間違いはないと思います。最近のテレビで流れている健康情報を鵜呑みにする前に、一読することをオススメします(^_^)
とても内容が分かりやすく納得しながら読み進めることが出来ました。
実践していこうと思います
起業し、めちゃめちゃな生活をし続けたため今年受けた人間ドックの数値が大変なことに・・・健康を取り戻すため、こちらの本を購入しました。
生活改善の取り組み方について大きな気づきを得られました。