最後に編集されたのは 管理者
15.12.2020 | 歴史

団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本)

  • 37 読みたい
  • 65 現在読んでいるもの

発行元 ジェームズ・ブラッドワース .

    Download 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本) 本 Epub や Pdf 無料, 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本), オンラインで書籍をダウンロードする 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本) 無料で, 本の無料読書 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  安田 浩一
    • レーベル:  角川書店単行本
    • 発売日:  2019年03月23日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4338468500300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    そこは外国人、高齢者をネトウヨが襲う「空間」と化していた。団地は、この国の“未来”である。外国人実習生や排外主義者の問題を追い続ける著者が、日本だけでなくテロ後のパリ郊外も取材し、日本に突きつける!!団地。そこは、かつて「夢と希望の地」だった。しかし、いまは都会の限界集落と化している。高齢者と外国人労働者が居住者の大半を占め、さらにそこへ“非居住者”のネトウヨはじめ排外主義者が群がる。排外主義的なナショナリズムに世代間の軋轢、都市のスラム化、そして外国人居住者との共存共栄……。団地はこの国の課題最先端「空間」となっていた!!厳しいこの現実に負けずに、“一緒に生き続けること”を実践している各団地の取り組みを私たちは“日本の未来”に出来るのか? この国の“これまで”と“これから”を浮き彫りにする、地べたからのルポルタージュ!!

あなたも好きかもしれません

団地と移民 課題最先端「空間」の闘い (角川書店単行本) by ジェームズ・ブラッドワース ダウンロード PDF EPUB F2