最後に編集されたのは 管理者
25.01.2021 | 歴史

「新型コロナ恐慌」後の世界

  • 7 読みたい
  • 73 現在読んでいるもの

発行元 高橋洋一 .

    Download 「新型コロナ恐慌」後の世界 本 Epub や Pdf 無料, 「新型コロナ恐慌」後の世界, オンラインで書籍をダウンロードする 「新型コロナ恐慌」後の世界 無料で, 本の無料読書 「新型コロナ恐慌」後の世界オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「新型コロナ恐慌」後の世界 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  渡邉哲也
    • シリーズ名:  「新型コロナ恐慌」後の世界
    • 発売日:  2020年03月27日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4910000070179
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    Amazon経済協力カテゴリ・ランキング1位!


    新型コロナウイルスで転落する中国、連鎖恐慌に陥る世界。そして次に何が起こるのか。日本の行方は。

    これから始まる新たな大潮流を、気鋭のエコノミストが完全分析!


    中国発の新型コロナウイルスはついにパンデミックと認定され、世界中にパニックを巻き起こしている。

    ニューヨーク・ダウは史上最大の下げを繰り返し、日経平均も急落を続けている。

    はたしてこの状態はどこまで続き、その後、世界はどうなっていくのか。


    世界で反グローバリズムの気運が高まり、2020年1月31日にはイギリスがEU離脱を果たした。

    その直後、グローバリズムの恩恵により急速な経済成長を実現してきた中国で新型肺炎が発生、その結果、中国のサプライチェーンが麻痺し、世界経済は大混乱に陥った。

    加えて、春節の中国人大移動によって世界中にウイルスが拡散されたことで、各国は国を閉じ、他国からの渡航者を締め出す事態にまでなっている。


    著者は、グローバリズムの終焉、米中貿易戦争、そしてこの新型コロナウイルス問題により、世界は中国依存から中国排除への転換が進み、新たな国際秩序が構築されていくと説く。

あなたも好きかもしれません

「新型コロナ恐慌」後の世界 by 高橋洋一 ダウンロード PDF EPUB F2

この本では、中国が新型コロナの責任をとらされて、民主主義ー自由主義体制が勝つという風な結論になっている。
しかし、中国は、ある意味、いくらでも資金を投入できるので、コロナ恐慌で、下がった株価の会社株を全部、買うことも可能である。
その意味で、民主主義ー自由主義体制の国は、うかうかしていられないというのが実情である。
ただ、中国は、チベット、香港、台湾の問題を抱えていて、本来なら、コロナの騒動は、早く、終息させたいはずである。
しかし、情けないことに、全く、コロナの終息どころか、武漢ウイルスは、アメリカのせいだと外交官まで言う始末である。
これでは、中国を信頼する国は少なくなってくるだろう。
現在、アメリカ、中国、ロシアの三強の時代になっているが、早く、トランプ大統領にはやめてもらって、
早く、アメリカが、世界のリーダーシップをとる指導力を発揮する世界でないと、民主主義ー自由主義体制は、崩壊してしまうので、トランプ大統領には、選挙で、負けてほしいと思う。
新型コロナは、一国主義では、倒せるものではなく、国際協調が大事であり、ドイツのメルケルとケンカをしたからと言って、トランプ大統領がG7を開かないで、延期するなどは、とんでもないことであると考える。その点、日本は、早く、国際協調の旗を掲げて、世界を安心させるべきである。