最後に編集されたのは 管理者
28.11.2020 | 歴史

蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

  • 97 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 麻見和史 .

    Download 蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  麻見和史
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  警視庁殺人分析班
    • 発売日:  2013年12月13日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000013195
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    頭蓋骨に白い花、掛け時計にスープ皿ーーテーブルの上の惨殺遺体を囲むように置かれた謎めいた品々。絵画を模したような現場を作り、さらに「過去の亡霊」を名乗って警察OBの自宅に電話をかけてきた犯人。自らの存在をアピールしたいのか。如月塔子ら殺人分析班が鋭い推理で明かす、歪んだホシの正体とは。講談社文庫「警視庁殺人分析班」シリーズは、講談社ノベルス「警視庁捜査一課十一係」シリーズと同一シリーズです。

あなたも好きかもしれません

蟻の階段 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) by 麻見和史 ダウンロード PDF EPUB F2

第一作を読んで気に入ったので、悲惨な状態の遺体から、謎が謎を呼ぶ展開。
新米刑事の如月塔子以下、個性的な十一係の面々。
でも、凶悪ではあるが、犯人にもやむにやまれぬ切ない事情があって、
罪は罪として、人間的に情を寄せる優しさが垣間見れる作品でした。