最後に編集されたのは 管理者
18.01.2021 | 歴史

右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書)

  • 72 読みたい
  • 43 現在読んでいるもの

発行元 船曳建夫 .

    Download 右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  船曳建夫
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年08月15日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000004205
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    改憲か護憲か、親米か反米か、愛国心は是か非か──。左右イデオロギーの対立軸だけで国家を論じるのは思考停止だ。著者は、日本の過去五百年の歴史をふまえ、二つの独創的な視点で国家を論じようとしている。一つは、日本という国のとりうるかたちは、三つのモデルに集約されるという視点。つまり、信長型の「国際日本」、秀吉型の「大日本」、家康型の「小日本」という三つのモデルで考える国家論を披瀝する。さらに二つ目の視点は、日本は常に、三つの主勢力(中国・ロシア・西洋)との距離のとり方によって国運が左右された、という指摘。そして、この「三つのモデル」と「三つの主勢力」という枠組みから、憲法第九条、集団的自衛権、核武装論、六カ国協議、への対応策を導き出す。著者の専門は文化人類学であるだけに、イデオロギーにとらわれない地政学的発想が新鮮である。まさに、「右翼」も「左翼」も語らなかった独創的な国家論といえる。

あなたも好きかもしれません

右であれ左であれ、わが祖国日本 (PHP新書) by 船曳建夫 ダウンロード PDF EPUB F2