最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

マルクスその可能性の中心 (講談社文庫)

  • 88 読みたい
  • 3 現在読んでいるもの

発行元 柄谷行人 .

    Download マルクスその可能性の中心 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, マルクスその可能性の中心 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする マルクスその可能性の中心 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 マルクスその可能性の中心 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 マルクスその可能性の中心 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  柄谷行人
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  マルクスその可能性の中心
    • 発売日:  2020年11月20日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000125880
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    作品を読むことの意を問う、画期的マルクス論。作品の外に、どんな哲学も作者の意図も前提にしないで読むこと、まだ思惟されていないものを読むこと、可能性の中心においてマルクスを読むとは、そういうことである。柄谷行人の不朽の名作。

    ◎ある作品の豊かさは、著作家が意識的に支配している体系そのものにおいて、なにか彼が「支配していない」体系をもつことにある。……私にとって、マルクスを「読む」ことは、価値形態論において「まだ思惟されていないもの」を読むことなのだ。……マルクスをその可能性の中心において読むとは、そういうことにほかならない。<「序章」より>

あなたも好きかもしれません

マルクスその可能性の中心 (講談社文庫) by 柄谷行人 ダウンロード PDF EPUB F2