最後に編集されたのは 管理者
04.01.2021 | 歴史

毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書)

  • 89 読みたい
  • 39 現在読んでいるもの

発行元 Franz Kafka .

    Download 毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  船山信次
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2015年03月20日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000005379
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    食べ物のなかの毒」といえば、きのこやフグが有名ですが、ジャガイモやキャベツ、お茶やコーヒー、ホタテガイやエビにだって、毒はあります。こういう話を聞くと、「毒があるのになぜ食べられるのか」と不思議に思うでしょうが、食べ物は生きるうえで欠かせない栄養素を含むと同時に、薬にも毒にもなるものなのです。だからこそ、そんな食べ物といかに上手につき合うかーーそこに心身健康のカギがあり、生きる力の根源が秘められているというわけです。そこで本書では、「ウナギを刺身で食べない理由」「ビールだけではないプリン体が多い食材」「ホウレンソウやナスの毒をうまく避ける方法」「リンゴやナシの種に含まれる青酸配糖体」「海藻のなかにも含まれているヒ素」「果物のマンゴーはウルシ科の仲間」といったテーマを採り上げ、それぞれの食べ物にはどのような毒があるのか、それにどう対処すればいいのか、ていねいに解説。併せて、飲食物と薬との相互作用にも言及しています。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

毒があるのになぜ食べられるのか (PHP新書) by Franz Kafka ダウンロード PDF EPUB F2