最後に編集されたのは 管理者
27.01.2021 | 歴史

ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版)

  • 35 読みたい
  • 72 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  安西巧
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • シリーズ名:  ソニー&松下 失われたDNA
    • 発売日:  2019年01月18日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4915815760001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    第一線での企業取材を続けてきたジャーナリストが、平成が終わり新しい時代を迎えるタイミングで、この30年間を中心に、ソニーとパナソニックという経営のカリスマが起こした日本を代表する2社を中心に取り上げ、経営トップ、関係者、周辺まで綿密な取材をもとにそれぞれの企業で起こったストーリーを追跡。企業盛衰の分岐点を探っていきます。

    絶頂からどん底へ、そして復調?

    平成の30年間に経営者たちは何を破壊し、何を創造したのか?


    平成の時代(1989~2019年)は、日本企業にとって「試練の30年」と言っても過言ではない。

    昭和末期にはバブル経済に酔い「世界一」の夢を垣間見たものの、その後のバブル崩壊と経営者の人材難による「失われた20年」を経て、少なからぬ日本企業が衰退の道をたどった。

    経営のカリスマを失った後の迷走。一時的に脚光を浴びるスター経営者の登場も、道半ばで挫折した「改革」。

    滞る新製品開発、次世代商品の種蒔きも満足にできず、収益悪化に伴うリストラの断行で進む人材流出と企業イメージの喪失。

    外国人トップに活路を見出そうとするも、文化の違いに翻弄され、失いかけたアイデンティティ。


    「ジャパンアズナンバーワン」から始まった平成の30年間。世界を席巻していたはずの日本企業は、どこで道を間違えたのか? 新しい時代への活路は見えるのか?

あなたも好きかもしれません

ソニー&松下 失われたDNA (日本経済新聞出版) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2