最後に編集されたのは 管理者
19.12.2020 | 歴史

キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書)

  • 83 読みたい
  • 35 現在読んでいるもの

発行元 明石 散人 .

    Download キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書) 本 Epub や Pdf 無料, キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書), オンラインで書籍をダウンロードする キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書) 無料で, 本の無料読書 キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  浅見 雅一
    • レーベル:  角川新書
    • 発売日:  2020年05月08日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4338960700300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


     日本史史上最大の注目を集める「本能寺の変」。その基礎史料の一つ、ルイス・フロイスがイエズス会に送った報告書「一五八二年の日本年報の補遺」は、長年、その信憑性が疑われてきた。本能寺の変が起きた当時、フロイスは九州・口之津にいたからだ。 本書は、キリシタン史研究の第一人者である著者が、イエズス会所蔵のフロイス直筆の原典にあたることで見えてきた、史料の本当の執筆者、そして光秀の意外な素顔に迫る。 これまで指摘されていた、一つの文書であるにもかかわらず光秀の評価が混乱していた理由、日本史の史料には見られない記述の信憑性の高さを、史料をていねいに紹介しながら明らかにする。初のフロイス手書き原典から訳した「一五八二年の日本年報の補遺(改題:信長の死について)」も全収録![目 次]第一章 信長とキリシタン宣教師第二章 報告書「信長の死について」の成立第三章 キリシタン史料から本能寺の変をたどる第四章 光秀の意図史料編 完訳・ルイス・フロイス「信長の死について」

あなたも好きかもしれません

キリシタン教会と本能寺の変 (角川新書) by 明石 散人 ダウンロード PDF EPUB F2