最後に編集されたのは 管理者
15.01.2021 | 歴史

首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― (ルルル文庫)

  • 26 読みたい
  • 77 現在読んでいるもの

発行元 宮野美嘉 .

    Download 首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― (ルルル文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― (ルルル文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― (ルルル文庫) 無料で, 本の無料読書 首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― (ルルル文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 首狩り帝の後宮 ―寵姫は文を読む― (ルルル文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  葵木あんね
    • イラスト:  椎名咲月
    • レーベル:  ルルル文庫
    • シリーズ名:  首狩り帝の後宮
    • 発売日:  2014年12月19日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4322936710001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    苛烈な帝の後宮に入った身代わり姫の運命!


    身代わりで後宮に入った桃霞は、冴えない容姿で舞も刺繍も苦手、古くさい書物のことにばかり詳しい超地味な少女。ライバルの姫君たちからも相手にされず「せっかく後宮にいるのに、このままじゃ皇帝のお呼びがかからない!」と侍女に嘆かれるほど、パッとしない毎日を送っている。

    気に入らないと誰の首でもはねるという恐ろしい皇帝の寵愛を受けるより、大好きな本に囲まれているほうが幸せ…と、後宮書庫に通いつめていたある日、不思議な力を持つ黄金の瞳の青年と出会う。憧れていた書物の神仙〈考帰真君〉が、本好きな自分のために姿を現してくれた!と喜ぶ桃霞は、それ以来、〈考帰真君〉と本について深く語り合うように。

    しかし、ふたりの仲を見とがめた侍女に「男と逢引きを重ねれば、苛烈な皇帝に首をはねられる」と諭され、〈考帰真君〉への許されない想いを忘れようとする桃霞。だがある夜、ついに皇帝の夜伽を命じられて…!? 中華後宮ラブファンタジー!!


    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

あなたも好きかもしれません

首狩り帝の後宮 ー寵姫は文を読むー (ルルル文庫) by 宮野美嘉 ダウンロード PDF EPUB F2