最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

ガラパゴス 下 (小学館文庫)

  • 55 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 相場英雄 .

    Download ガラパゴス 下 (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ガラパゴス 下 (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ガラパゴス 下 (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 ガラパゴス 下 (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ガラパゴス 下 (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  相場英雄
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  ガラパゴス
    • 発売日:  2018年07月20日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4325330930002
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    貧乏の鎖は、俺で最後にしろ。


     二年前、都内団地の一室で自殺に偽装して殺害された沖縄県宮古島出身の非正規労働者・仲野定文。警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、仲野が勤務していた三重県亀山市、岐阜県美濃加茂市を訪れる。そこで田川が目にしたのは国際競争に取り残され、島国で独自の進化を遂げる国内主要産業の憂うべく実態だった。仲野は、過酷な労働環境のなかでも常に明るく、ふさぎがちな仲間を励ましていたという。田川は仲野殺害の背景に、コスト削減に走り非正規の人材を部品扱いする大企業と人材派遣会社の欺瞞があることに気づく。

     これは、本当にフィクションなのか?

     落涙必至! 警察小説史上、最も残酷で哀しい殺人動機が明かされる。

あなたも好きかもしれません

ガラパゴス 下 (小学館文庫) by 相場英雄 ダウンロード PDF EPUB F2

古くは松本清張もかくやと思わせる展開。物語の設定がもう過去のものになっていることは、時代の流れの速さから致し方ないが、それを差し引いても読ませる傑作。★4つにしたのは、1.名古屋弁ネイティブにとって、作中の名古屋弁がちょっとおかしいこと。2.SNSの完全消去はほぼ不可能ではないかということ。特に2.は、田川の捜査の過程で事実であることがわかるので、事件の動機にかかわることとして残念であった。