最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

神さまのビオトープ (講談社タイガ)

  • 48 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 砥上裕將 .

    Download 神さまのビオトープ (講談社タイガ) 本 Epub や Pdf 無料, 神さまのビオトープ (講談社タイガ), オンラインで書籍をダウンロードする 神さまのビオトープ (講談社タイガ) 無料で, 本の無料読書 神さまのビオトープ (講談社タイガ)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 神さまのビオトープ (講談社タイガ) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  凪良ゆう
    • レーベル:  講談社タイガ
    • シリーズ名:  神さまのビオトープ
    • 発売日:  2017年04月20日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000036536
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大学の後輩で恋人どうしの佐々と千花に知られてしまう。うる波が事実を打ち明けて程なく佐々は不審な死を遂げる。遺された千花が秘匿するある事情とは? 機械の親友を持つ少年、小さな子どもを一途に愛する青年など、密やかな愛情がこぼれ落ちる瞬間をとらえた四編の救済の物語。

あなたも好きかもしれません

神さまのビオトープ (講談社タイガ) by 砥上裕將 ダウンロード PDF EPUB F2

とても良かった!さすが凪良先生。BLじゃなくても満足度高い作品。どの短編も少しもやっとした気持ちが残るけど、それが重くもなく軽すぎずちょうどいいバランス。もし私がうる波の立場ならうる波と同じ決断をするけど、鹿野君の立場ならうる波の前から消える決断をする。好きだからこそ、死んだ自分を忘れて新しい相手と幸せになってほしい。