最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

GIANT KILLING(33) (モーニングコミックス)

  • 47 読みたい
  • 82 現在読んでいるもの

発行元 ツジトモ .

    Download GIANT KILLING(33) (モーニングコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, GIANT KILLING(33) (モーニングコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする GIANT KILLING(33) (モーニングコミックス) 無料で, 本の無料読書 GIANT KILLING(33) (モーニングコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 GIANT KILLING(33) (モーニングコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ツジトモ, 綱本将也
    • レーベル:  モーニング
    • シリーズ名:  GIANT KILLING
    • 発売日:  2014年11月21日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000019081
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    絶望的な状況の中、夏木(なつき)のスーパーゴールにより1点差に迫ったETU。勢いづきはじめたチームに、達海(たつみ)はベンチに控えるあの男を送り込む。後半戦、3-2のスコア、勝負はまだ、わからないーー! 名古屋の守りを打ち崩し、勝機をつかめ! 激闘の名古屋グランパレス戦、決着!!

あなたも好きかもしれません

GIANT KILLING(33) (モーニング) by ツジトモ ダウンロード PDF EPUB F2

集めているシリーズの続刊。
期待通りの面白さです。
不破・達海、村越、不破・川瀬、川瀬・椿、椿・王子、夏木、ガブ・・。前巻までとりとめないように進んでいたピースが納まるところに
おさまって名古屋戦が終結。不破と川瀬、椿と王子のクダリがいい味で今後両チームがさらに強くなっていく予感。ガブのマリーシアは
達海が気づいたいたような後付け的伏線はあるもののちょっと唐突。夏木のハットか夏木-王子-夏木で決着でもよかったかな。
達海の采配ミスのことは、ミスだったのか周到な計算だったのか・・・。(意味不明の内容ですいません。)