最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書)

  • 56 読みたい
  • 37 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download 0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, 0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする 0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書) 無料で, 本の無料読書 0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  正高信男
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ
    • 発売日:  2013年12月27日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912367830001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    生後約一年、「アー」とか「クー」の音声で大人との交流を図っていた赤ちゃんは、初めての発話以降、交流の手段を急速にことばに依存するようになる。この変化はどう進行し、子どもに何が起こったのか。本書は赤ちゃんがことばを開花させるまでを詳細に追求して、授乳を通しての母子間交流、おうむがえしの意味、母親語の役割等を明らかにし、ニホンザルとヒトの音声発達の過程を比較しつつ、ヒトの言語獲得能力の系統的起源を探る。

あなたも好きかもしれません

0歳児がことばを獲得するとき 行動学からのアプローチ (中公新書) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2