最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

LowBEAT No.11 Low BEAT

  • 58 読みたい
  • 68 現在読んでいるもの

発行元 株式会社シーズ・ファクトリー .

    Download LowBEAT No.11 Low BEAT 本 Epub や Pdf 無料, LowBEAT No.11 Low BEAT, オンラインで書籍をダウンロードする LowBEAT No.11 Low BEAT 無料で, 本の無料読書 LowBEAT No.11 Low BEATオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 LowBEAT No.11 Low BEAT 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  株式会社シーズ・ファクトリー
    • シリーズ名:  Low BEAT
    • 発売日:  2017年04月20日
    • 出版社:  シーズ・ファクトリー
    • 商品番号:  5591213635940
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    今号の大特集は、ずばり「自動巻き大研究」です。現代における機械式腕時計の標準ともなっている自動巻き機構。しかし本当に普及したのは、この半世紀のことに過ぎません。1777年に生まれたとされる自動巻き機構が、どのような経緯を経ていまに至ったのか。その大まかな歴史を振り返っていくとともに、主要なメカニズムについて徹底解説しています。さらに時計メーカー各社では、どういった設計思想を背景に自動巻き機構を完成させていったのか。各社における自動巻き機構の展開と、いま購入するならば、どの機種が良いのかなどの購入ポイントも交えて紹介。計40Pの大ボリュームでお届けします。また、今回で3回目となるミリタリーウオッチ特集では、現存数が少なく、その希少性でも人気を博す「ドイツ軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.06「ヴァシュロン・コンスタンタン」やDr.川瀬のメンテナンス道「30mmキャリバー」などの連載企画も必見です。さらに今回から、新たに三つの連載コラムがスタート。『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」。POWER Watchのコラム連載でもおなじみの菅野たけし氏による「ウオッチトレンドを考える。」、そして業界関係者が熱い視線を送る海外ショップ情報といった、愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。

あなたも好きかもしれません

LowBEAT No.11 by 株式会社シーズ・ファクトリー ダウンロード PDF EPUB F2