最後に編集されたのは 管理者
28.11.2020 | 歴史

Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築

  • 4 読みたい
  • 35 現在読んでいるもの

発行元 掌田津耶乃 .

    Download Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 本 Epub や Pdf 無料, Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築, オンラインで書籍をダウンロードする Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 無料で, 本の無料読書 Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  綿引 琢磨, 須江 信洋, 林 政利, 今井 勝信
    • 発売日:  2014年11月07日
    • 出版社:  翔泳社
    • 商品番号:  9784798140612
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】


    日本語初のGradle解説書、ついに刊行!


    Groovyベースのビルドツール「Gradle」は、SpringやHibernateなどの著名なOSSで利用されているほか、Androidの公式ビルドツールとして採用されており、これからの開発者やビルド職人には無視することのできないツールのひとつと言えるでしょう。


    本書は、GradleのインストールからJavaアプリケーションのビルドやテスト、依存関係の管理、ビルド成果物の公開などのGradleの主要な機能の解説に加え、詳細なスクリプトファイルの記述方法からCIツールやIDEとの連携といった実業務で必要となる範囲までをカバーした日本語初のGradleの解説書となります。有識者によるGradle 2.0ベース(1.x系ベースの章や2.1のトピックなどもあります)で書き下ろされた500ページを超える本書は「徹底入門」の名に恥じない内容で、これだけ充実したGradle解説書は、日本語ではもちろん英語でも類を見ません。


    これからGradleを始める人、Gradleをもっと使いこなしたい人、GradleとJenkinsでCIをやりたい人、AntやMavenからの移行を考えている人…などなど、多くの開発者やビルド職人にお勧めできる1冊です。


    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。

    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。

    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

あなたも好きかもしれません

Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 by 掌田津耶乃 ダウンロード PDF EPUB F2