最後に編集されたのは 管理者
29.11.2020 | 歴史

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)

  • 19 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 九岡 望 .

    Download エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫) 本 Epub や Pdf 無料, エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫), オンラインで書籍をダウンロードする エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫) 無料で, 本の無料読書 エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  九岡 望, 吟
    • レーベル:  電撃文庫
    • シリーズ名:  エスケヱプ・スピヰド
    • 発売日:  2015年01月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4333057200300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    昭和一○一年夏。極東の島国《八洲(やしま)》は、二十年前の戦争で壊滅状態にあった。廃墟の町《尽天(じんてん)》では、人々が暴走した戦闘機械の脅威にさらされながら生きていた。 少女・叶葉(かなは)は戦闘兵器から逃れる最中、棺で眠る奇妙な少年と巨大な《蜂》に出会い、自分を助けるよう頼む。それは、少女と少年が“主従関係の契約”を結んだ瞬間だった──。 少年の名は、金翅(きんし)の九曜(くよう)。《蜂》と少年は、《鬼虫(きちゅう)》と呼ばれる、超高性能戦略兵器であった。叶葉は、兵器であるがゆえに人の感情が存在しない九曜を一人の人間として扱い、交流していく。 徐々に心を持ち始める九曜だったが、九曜と同じ鬼虫である《蜻蛉》四天(してん)の竜胆(りんどう)が飛来し ── !?

あなたも好きかもしれません

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫) by 九岡 望 ダウンロード PDF EPUB F2