最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

国宝(下) 花道篇

  • 14 読みたい
  • 16 現在読んでいるもの

発行元 吉田修一 .

    Download 国宝(下) 花道篇 本 Epub や Pdf 無料, 国宝(下) 花道篇, オンラインで書籍をダウンロードする 国宝(下) 花道篇 無料で, 本の無料読書 国宝(下) 花道篇オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 国宝(下) 花道篇 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉田修一
    • シリーズ名:  国宝
    • 発売日:  2018年09月14日
    • 出版社:  朝日新聞出版
    • 商品番号:  4915491480002
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    鳴りやまぬ拍手と眩しいほどの光、人生の境地がここにある。


    芝居だけに生きてきた男たち。

    その命を賭してなお、

    見果てぬ夢を追い求めていく。


    今年最高の感動を届ける役者一門の大河小説


    (あらすじ)

    1964年1月1日 長崎は料亭「花丸」

    侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、

    この国の宝となる役者は生まれた。

    男の名は、立花喜久雄


    極道の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌は人々を巻き込み、

    喜久雄の人生を思わぬ域にまで連れ出していく。


    舞台は長崎から大阪、そして、オリンピック後の東京へ。

    日本の成長と歩を合わせるように、技をみがき、道を究めようともがく男たち。


    血族との深い絆と軋み、スキャンダルと栄光、幾重もの信頼と裏切り。

    舞台、映画、テレビと芸能界の転換期を駆け抜け、数多の歓喜と絶望を享受しながら、

    その頂点に登りつめた先に、何が見えるのか?

あなたも好きかもしれません

国宝(下) 花道篇 by 吉田修一 ダウンロード PDF EPUB F2

本を持っています。気に入っている作品なので、ネットでも読みたいと思って購入しました。