最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル)

  • 50 読みたい
  • 22 現在読んでいるもの

発行元 守屋実 .

    Download 守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル) 本 Epub や Pdf 無料, 守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル), オンラインで書籍をダウンロードする 守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル) 無料で, 本の無料読書 守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  羽幡咲嬉
    • レーベル:  ハーモニーレーベル
    • 発売日:  2018年07月18日
    • 出版社:  ブレスハーモニー
    • 商品番号:  4920322000001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【ブティックス、マザーズ2ヶ月連続東証マザーズ上場達成!】

    新規事業関係者必見


    守屋実の新規事業立国の書


    ●「2ヶ月連続で上場させる」という偉業を成し得た人物、国内屈指の新規事業のプロ、守屋 実。


    2018年4月3日 ブティックス上場

    2018年5月31日 ラクスル上場


    守屋実は、ブティックスの独立取締役として、上場の鐘を叩いている。

    また、ラクスルには、創業当初より参画し、副社長として創業期を支えた後、今もなお、ラクスルの一員として、その一翼を担っている。


    2ヶ月連続上場する確率は、単純に新しい会社が上場できる確率である1,000分の1×1,000分の1=100万分の1より、さらに低いはずだ。


    企業内で、そして個人で、新規事業の立ち上げおよび起業に関連した数において右に出る人はいない守屋への、10時間以上に及ぶインタビューをまとめ、さらに元サッカー全日本代表の鈴木啓太氏、ミーミル代表の川口荘史氏のインタビューも掲載した本書は、新規事業に関わる全ての人に向けて書かれている。


    ●守屋はプレーヤーに徹しているため、めったに公で講演をしない。

    守屋に直接会って話を聴くことができる確率は、1,000分の1より低いかもしれない。


    だからこそ、その守屋の言葉を伝える本書は、新規事業に関わる全ての方々の心に火を灯すだろう。


    しかし、本書は新規事業を起こすためのマニュアルではないので、本書を隅から隅まで熟読しても、テクニックは得られない。


    得られるのは、組織において、または組織とともに新規事業を立ち上げるために必要な


    企業内起業を成功させる精神


    である。


    内容構成

    はじめに

    序章  イントレプレナー最前線

    第1章 イントレプレナーの設計図

    第2章 一七 =ミスミ、エムアウトでの企業内起業の経験知

    第3章 一八=ラクスル、ケアプロなどの独立起業の経験知

    第4章 一四=診療所、小学校、飲食店など週末起業の経験知

    第5章  企業内起業四つの質問への回答

    おわりに

    新規事業成功の扉を開く


    守屋実 プロフィール


    1969年生まれ。明治学院大学卒。

    1992年に株式会社ミスミ(現ミスミグループ本社)に入社後、新市場開発室で、新規事業の開発、立ち上げに従事。


    2002年に新規事業の専門会社、株式会社エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口氏とともに創業、複数の事業の立上げおよび売却を実施。

    2010年に守屋実事務所を設立。設立前および設立間もないベンチャーを主な対象に、新規事業創出の専門家として活動。自ら、投資を実行、役員に就任、事業責任を負うスタイルを基本とする。

あなたも好きかもしれません

守屋 実のザ・イントレプレナーシップ (ハーモニーレーベル) by 守屋実 ダウンロード PDF EPUB F2

企業内新規事業を立ち上げる人(イントレプレナー=企業内起業家)には必須の書籍と言えるが、経営者にとっても必読の一冊。
「新規事業のプロと言えば守屋実氏」というくらいの実績を誇る同氏だが、同氏の経験値をこの書籍のような密度で知る・学ぶ機会はそうそうはない。幸い私は守屋氏と共に働く経験をすることができたが、それでもこのように一冊の本になっているのは大変ありがたい。守屋氏の教えの全体像を知ることに加え、復習の教材としても活用している。
新しいことを始めることは試行錯誤の連続であると言える。同じ思考錯誤でも新規事業立ち上げの「型」や「お作法」を知った上での試行錯誤は、それを知らないままの試行錯誤とは全く異なる。ぜひこの書籍で型やお作法を学んでご自身の新規事業立ち上げに活かして欲しい。