最後に編集されたのは 管理者
03.01.2021 | 歴史

中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)

  • 27 読みたい
  • 70 現在読んでいるもの

発行元 水野大樹 .

    Download 中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, 中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする 中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書) 無料で, 本の無料読書 中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松尾剛次
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで
    • 発売日:  2013年11月01日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912253460001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    源頼朝に始まる鎌倉幕府が滅亡すると、鎌倉は急速に衰退しゴーストタウンとなったと考えられがちだが、実態は違っていた。京都室町に幕府が移った後も、鎌倉は東国を管轄する鎌倉府の所在地として十五世紀半ばまで繁栄を続けた。武家の首都として誕生し、幕府滅亡後はほとんど知られることのない都市鎌倉とはいかなるものだったのか。源氏、北条氏、足利氏、上杉氏の足跡を寺社や史跡に尋ねながら、謎に包まれた鎌倉の中世を歩く。

あなたも好きかもしれません

中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで (中公新書) by 水野大樹 ダウンロード PDF EPUB F2